Skip to main content

J&Jグループ| ヤンセンファーマ株式会社

J&Jグループ

世界最大のトータルヘルスケアカンパニー

現在、世界60か国以上に275以上のグループ企業を有するジョンソン・エンド・ジョンソン。消費者向け製品、医療機器、医薬品の分野で数万アイテムにのぼる製品を提供し、「世界最大のトータルヘルスケアカンパニー」として成長しています。その根底にあるのが、研究開発への惜しみない投資です。研究開発費は総売り上げの約11%を占め、すべての産業のなかでもトップクラス。長期的視野に基づいた取り組みが、革新的な新製品を生む原動力となり、市場をリードし続けています。

 

成長を支える分社分権経営と多彩なブランド力

ジョンソン・エンド・ジョンソンの特徴的な経営スタイルのひとつが「分社分権経営」です。ビジネスマネジメントしやすいサイズに構成して権限を与えることにより、高度な専門化、環境変化への迅速な対応、革新的なイノベーションを実現しています。それは幅広い製品と多彩なブランドにも表れています。グループ各社が分社分権経営によりプロフェッショナル集団になることで、他の追随を許さない成長を遂げ、同時に強固なブランドを築き上げています。

 

ジョンソン・エンド・ジョンソン カンパニー概要

本社所在地:米国 ニュージャージー州ニューブランズウィック

代表者:CEO アレックス・ゴースキー

グループ会社:約275社/60か国

社員数:約128,000名(2011年12月期)

販売国数:約175か国

ウェブサイトhttp://www.jnj.com/