Skip to main content

注力する5つの疾患領域

注力する5つの疾患領域

ヤンセンは、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門として、5つの疾患領域においてきわめて深刻な病気と複雑な医学上の課題に取り組んでいます。

  • がん
  • 免疫疾患
  • 精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)
  • 感染症・ワクチン
  • 代謝・循環器疾患

ヤンセンでは、世界150以上の国々で約4万人の社員が働いています。私たちは、いまだ満たされない医療ニーズに画期的な治療法をもたらすために、世界の人々と協力しています。人々がいつもの幸せな時間を過ごせるように、私たちは努力を重ねています。


今日の医療は、これまでになく複雑な課題を抱えています。私たちが自らの壁を越えて新薬の探求を行っているのは、このためです。世界は私たちの研究所であり、革新的なアイディアが生まれるところに、私たちはそれを求めて出かけて行きます。私たちと他の人々の専門知識や能力を結びつけるために、あらゆる分野で最も創造的な志を探しています。これらを合わせれば、問題を解決できるだけでなく、時代を変えるような解決策を発見できるはずなのです。ヤンセンは、世界の人々のために、世界の力とコラボレーションしています。


私たちは、ただ新薬を開発するだけではありません。医療上の課題をより広い視点で見ようとしています。医薬品の領域を超えて人々が薬を手にするためだけでなく、最良の結果を得るために薬を正しく使用する上で必要な情報・教育やサポートなどが行き届くよう努力しています。人々が充実した幸せな生活を送る手助けをすることで私たちは励まされ、有望で新しい科学技術が私たちの刺激になっています。


すべては研究や教育におけるコラボレーション、そして患者さんの医薬品に対するアクセスへと循環しています。新しいアイディアが、それを必要とする患者さんのための医学上の解決策となるまで、私たちは走り続けます。