Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content
 

検索

疾患予防およびヘルスケアの遮断

疾患予防、疾患の遮断、マイクロバイオームの研究プラットフォームの焦点はヘルスケアの再定義

ヤンセン・リサーチ・アンド・ディベロップメントの3つの新しい研究プラットフォームは、ヘルスケア環境を変えると期待されているトランスフォーメーション医療イノベーションの領域である、疾患予防、疾患の遮断およびマイクロバイオームに焦点を当てています。チームは、疾患管理の方法を変える大きな潜在的可能性があるこれらの領域で継続中の研究を支持し、疾患科学的知識を推進するために、社外パートナー同様ヤンセンの5つの疾患領域と綿密に協力します。

「私たちの目標は、将来に目を向け、前例のない科学の進歩を通じて疾患の治療、遮断および予防を新しい方法で行うことです。社内の専門知識と社外の革新の組み合わせにより、世界中の患者さんに意味のある改善をもたらすことを願っています。」

William N. Hait, M.D., Ph.D.

ヤンセン・リサーチ・アンド・ディベロップメント、グローバル責任者

ヤンセン・プリベンション・センター(JPC)は、ますます高齢化人口に影響を与え、世界のヘルスケアシステムに負担を強いているアルツハイマー型認知症、心疾患、癌および自己免疫疾患などの慢性の非感染症の予防に焦点を当てます。「これらやほかの主要領域のいまだ満たされない医療ニーズに貢献するために、私たちは人々の健康寿命を延ばし、病的状態を短縮するために革新的ソリューションを特定・研究することを目標としています」とヤンセン・プリベンション・センターのグローバル責任者であるJaap Goudsmitは言っています。

Disease Interception Accelerator(DIA)は、疾患の根本的原因に対処する新しいインキュベーターのようなグループです。「疾患の遮断は、今日の診断の臨床的受入点より早期に介入し、1型糖尿病またはさまざな種類の癌など当該疾患への進行を止めたり、改善したり、または抑制するソリューションを模索します」とDIAのグローバル責任者であるBenjamin Wiegandは説明しています。「私たちは、この新しいアプローチにより、個人が発病する前に疾患への進行を予測・防止する事を目標としています。」DIAは、易罹患性、リスク評価を理解し、遺伝的素因、環境暴露および表現型の変化などの疾患の原因に取り組んでいます。DIAは、伝統的な薬学的およびその他非薬学的アプローチの組み合わせを利用し、リスク集団の疾患の進行を遮断して個人および社会の健康とウェルネスの改善を促進します。

ヤンセン・ヒューマン・マイクロバイオーム・インスティチュート(JHMI)は、人間の健康に重要な役割を果たすと認識が高まっている領域に焦点を当てています。「人の体内や表面に生息する多様な細菌層であるマイクロバイオームをさらに理解して、疾患におけるJHMIの役割の理解を深め、十分な治療オプションが現存しない主要な自己免疫疾患などの状態に対処する新しい療法を見つけることを期待しています」と、ヤンセン・ヒューマン・マイクロバイオーム・インスティチュートのグローバル責任者であるDirk Geversは言っています。「先端の研究および世界のコラボレーションネットワークにより、マイクロバイオームの科学を人間の健康を変える可能性がある治療標的および診断能力に転換することを目標としています。」

 

研究開発

Research & Development

Judith Hinton Andrew, Rock Composite 22
Judith Hinton Andrew, Rock Composite 22