Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content
 

Search

次世代の抗体の追求

次世代の抗体

ヤンセンはタンパク質療法から細胞/遺伝子療法までの最新のテクノロジーを活用しています。

ヤンセンは、二重特異性のプロテアーゼ抵抗性Fcと発現抑制されたFcプラットフォームを利用する次世代の抗体を提供し、治療上の関心領域にわたり使用するための「目的に適合した」抗体を生成しています。これらの関心領域には、がん免疫疾患循環器・代謝疾患感染症およびワクチンが含まれます。

  • 二価および四価の二重特異性抗体プラットフォームは、がん細胞のターゲティングと死滅、免疫システムの活性化を含め、がんの症状に対する独自の治療を提供します。これらのプラットフォームの一環として、高い結合活性を持つ多特異性ターゲティングのために、IgGセントリン(MAbtyrin)とIgG-フィノマー(FynomAb)の融合が検討されています。
  • 開発中のFc改変抗体には、免疫細胞と代謝細胞タイプのターゲティングのための発現抑制されたFc IgG、病原体と腫瘍細胞のターゲティングのための高Fc活性のIgG、病原体のターゲティングのためのさまざまな強力なFc活性のあるプロテアーゼ抵抗性IgG、ならびにプロテアーゼが過度に多い腫瘍内微小環境およびプロテアーゼの活性が高い炎症性組織が含まれます。
 
 
 

Biotherapeutics

<p>Biotherapeutics</p>

Retina image