Sorry, you need to enable JavaScript to visit this website.
Skip to main content
 

Search

追加的な治療プラットフォーム

追加的な治療プラットフォーム

ヤンセンは将来有望な科学と先進テクノロジーを追求しています。

ヤンセンは、以下に挙げるように、モノクローナル抗体を超えた将来のパイプラインを構築するために設計されたいくつかの刺激的で前向きな社内ベンチャーに取り組んでいます。

ペプチド療法

新しいペプチドプラットフォームは、効能と選択性を向上させるとともに、半減期を延長するために使用できる単一特異性または多特異性の変換ペプチドで構成されます。

遺伝子療法

いまだ満たされない重要な医療ニーズに対応できる可能性がある核酸ベースの療法を発見する目的で、遺伝子療法発見グループが設立されました。

細胞療法

いまだ満たされない重要な医療ニーズに対応する細胞ベースの療法を発見する目的で、細胞療法発見グループが設立されました。これらの製品は生体細胞で構成され、疾患を治療するためにターゲットを絞った方法で提供することができます。ヤンセンの研究開発で現在本格的に開発されている主な細胞療法の候補は細胞ベースの製品で、進行した非滲出型の加齢黄斑変性症(地図状萎縮)を治療するために網膜下のスペースに送達されます。

代替スキャフォールド

代替スキャフォールドの潜在的な変形特性を研究する目的で、抗体の代替物であるCentyrexの開発に取り組むグループが設立されました。セントリンは新たな種類の治療用タンパク質の中でも、小さくてシンプルなタンパク質で、モノクローナル抗体やペプチドと比べると、非常に優れた物理的特性と多くの差別化された用途を持っています。このグループは、フィノマープラットフォームをベースとする療法の候補を作成する責任も負っています。

 

Biotherapeutics

<p>Biotherapeutics</p>

Retina image