Skip to main content

会社概要 ヤンセンファーマ株式会社

会社概要

ヤンセンは、世界最大のトータルヘルスケアカンパニー、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門です。

世界約150か国、約4万人の社員が従事しており、下記の6つの疾患領域においてきわめて深刻な病気と複雑な医学上の課題に取り組んでいます。

  • がん
  • 免疫疾患
  • 精神・神経疾患(中枢神経・疼痛)
  • 感染症・ワクチン
  • 代謝・循環器疾患
  • 肺高血圧症

2017年6月、アクテリオン社はジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセンファーマのグループになりました。

スイス・バーゼルの西部郊外にあるアルシュヴィルに本拠地を構えるアクテリオンは、肺高血圧症(PH)、特に肺動脈性肺高血圧症(PAH)の分野におけるリーティングカンパニーです。同社における肺動脈性肺高血圧症治療薬のポートフォリオは、WHOの機能分類(FC)IIからIVに至る幅広い症状を網羅し、経口および静脈内投与を行うものです。

過去20年間にわたり、アクテリオンの医薬品は肺高血圧症患者さんの予後と生活の質の改善に大きく寄与してきました。

ヤンセンは、アクテリオンの業界におけるリーダーシップを維持、拡大するため、肺高血圧症を重点的治療領域に追加しました。

肺高血圧症やアクテリオンおよび同社の医薬品に関する詳細は、www.actelion.comをご覧いただくか、@actelion_comをフォローしてください。

 

日本法人会社名

ヤンセンファーマ株式会社

Janssen Pharmaceutical K.K.

設立

1978年4月

代表取締役社長

クリス・フウリガン

従業員数

約2000名(2018年1月1日現在)

所在地

〒101-0065 東京都千代田区西神田3-5-2  【地図】
電話番号:03-4411-7700 FAX番号:03-4411-5031

事業所

営業拠点6、工場1、物流センター2

事業所一覧はこちらをご覧ください

事業内容

医薬品、医薬部外品およびその他これらに関する製品の開発、製造、宣伝、販売および輸出入

上記に関連または付随するあらゆる事業

国内グループ会社

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

 

会社沿革

1978年 4月 「ヤンセン協和株式会社」発足

1993年 8月  富士研究所開設

1996年 5月 富士工場開設

2001年 12月    ジョンソン・エンド・ジョンソン全額出資会社へ移行

2002年 1月 「ヤンセンファーマ株式会社」に社名変更

2004年 7月 本社を千代田区西神田へ移転

2017年 6月 アクテリオン ファーマシューティカルズ ジャパン株式会社が、ジョンソン・エンド・ジョンソンの医薬品部門であるヤンセンファーマのグループに加入